注目

オープンガバナンスとは?

オープンガバナンスは、デジタル時代を背景に市民と行政が協働で地域の課題解決にあたる市民参加型社会の新しい公共サービスの枠組みです。

市民は、市民参加型社会のメンバーとして地域の課題の解決に多様な知恵と経験を出しあって自分たちの問題として主体的に共同して取り組んでいきます。

行政は、オープンデータに取り組んだり人間中心主義で市民ニーズを施策に反映させる努力をしたりして、市民参加型社会のプラットフォームとして活躍します。

COG2016ファイナリストチームへのメッセージ

今回の最終公開審査案件では、市民/学生チームの課題解決の取組に対するコミットが高い評価につながったと思います。これら13案件の今後の課題は、市民(ユーザーとともに社会の構成員)目線をさらに取り入れたアイデアの具体化の取組とその実現に向けての体制的基礎の充実、学生主体チームについては実現に向けての持続可能な体制の構築が求められます。

データの扱いについては、①課題の分析や理解に利用したりアイデアの具体的な理由づけに使う、②アプリのインプットとして利用しアプリ開発を念頭に置く、の二種類がありますが、今回の最終公開審査案件では、①に使うものが多かったことが特徴でした。つまり、データを課題の分析や理解に利用し、その課題解決の方法として新たな社会的サービス提供のアイデア(社会的ソリューション)を考案し、データによる理由づけとともに提案するものでした。なお、案件によりますが、課題を具体的にあぶり出すデータ分析やアイデアの理由付けへのデータ利用を磨けばすればさらに説得力が増したのではないかと思います。一方、②のタイプのデータ利用であるアプリ開発を念頭に置くものもありましたが、そのアプリの利用により地域課題の解決にどう有効につながるのかの、課題に根差した具体性のある説得的な分析と理由付けが備われば、さらに優れたものになったと思います。

また、市民/学生と自治体の連携体制については案件によりばらつきがありました。市民/学生のアイデア形成の段階から連携を組んで何をお互いに期待しそれについて合意が得られていることが望ましいです。また、自治体の中でも、課題担当部署、データ所有部署、オープンデータの取りまとめ部署、全体取りまとめ部署の連携もまだ課題として残っているところも多いと思います。なお、自治体は人事異動で担当が変わると継続性に不安が残ることもあるので、そのような場合には、アイデアの実現に向けて、連携体制について円滑な引継ぎがおこなわれることを期待します。

「チャレンジ!!オープンガバナンス」は、プロアクティブな市民参加型社会のガバナンスを奨励するものです。COG審査委員会としては、最終公開審査の対象となった13のファイナリスト案件については、それぞれに指摘したようなアドバイスも一つの参考にしながら、今後その実施に向けて具体的な取り組みを始めていただくことを期待しています。

これから一年後、二年後にその進化のプロセス、実施のプロセスをご報告いた       だけることを心待ちにしております。いわば実施に向けてのチャレンジです。「チャレンジ!!オープンガバナンス2016フェーズ2」として、アイデアが実り、地域の課題解決に貢献していかれることを願っております。

6月25日COG2016キックオフシンポジウム結果

標記シンポジウムは、200名以上の参加者があり、
盛況のうちに終了しました。
ありがとうございました。
これから自治体の皆様からの課題応募⇒市民学生からのアイデア応募
となりますのでどうぞよろしくお願いいたします。
応募の仕組みはコチラです。
応募チラシもどうぞご覧ください。

日時:2016年6月25日(土)9:30-12:50
場所:東京大学武田ホール(武田先端知ビル 5階)

勝手連の皆さんによるシンポの概要はコチラです

主催者等挨拶(9時35分)   以下、第二部の前まで動画1でご覧になれます
COG2016:主催者代表兼審査委員長:城山英明
CCパートナー:アクセンチュア株式会社:工藤卓哉

第一部:地域から学ぶ課題解決とデータパワー(9時45分)

6人の登壇者から日本の各地での地域の課題解決にどう取り組み、データをどう活用しているのかこれからしようとしているのかの現場からの各10分のプレゼンテーションでした。

以下登壇順にファイルをリンクします。
1.阿部由紀江「『対話』を導くデータ活用〜公共施設ワークショップの経験から」(新潟市役所)
2.松崎太亮「震災画像オープンデータとアプリを活用した減災教育の伝承」(神戸市役所)
3.齋木久美子「わたしから始まるまちづくり」(千葉市役所)
4.藤井靖史「持続可能なデータ活用」(会津若松市民)
5.竹部美樹「市民が主役の地域活性化と今後のデータ活用」(鯖江市民)
6.加藤 彰 「市民ファシリテーターによるワークショップ〜男女協働サロンの効果とデータ活用への期待」(牧之原市役所)

歓迎メッセージ

犬童周作  内閣官房参事官(オープンデータ担当)
藤城真 財務省審議官(元:国と行政のあり方懇談会 事務局次長)
平本健二 政府CIO上席補佐官(総括担当/経産省担当)
ハーバードアッシュセンター(メッセ-ジはコチラ

COG2016のねらいと仕組み

COG2016運営コーディネーター(奥村裕一 東京大学公共政策大学院客員教授)

プレゼン資料(修正版)はコチラ

第二部:審査委員を交えたパネルディスカッション(11時30分)
                 以下、終わりまで動画2でご覧になれます

以下の二つをテーマに議論しました。

「市民参加型社会をどうつくる」司会:庄司昌彦
「データから学ぶ」司会:川島宏一

今回は審査委員のお披露目ということもあり、日本(横浜)と米国(NY)の現場の経験者ととももに、総勢で10人のパネラーのコメントを6分ずついただきました。

・長谷川孝 横浜市政策局理事
・宇野重規 東京大学社会科学研究所教授 (審査委員)
・大橋 弘 東京大学大学院経済学研究科教授 (審査委員)
・川島宏一 筑波大学システム情報系社会工学域教授 (審査委員)
・国谷裕子 元NHK「クローズアップ現代」キャスター (審査委員)
・庄司昌彦 国際大学GLOCOM准教授 (審査委員)
・関本義秀 東京大学生産技術研究所 人間・社会系部門准教授 (審査委員)
・林 千晶 マサチューセッツ工科大学メディアラボ 所長補佐 (審査委員)
・渡辺美智子 慶応大学大学院健康マネジメント研究科教授(専門:統計科学) (審査委員)
・工藤卓哉 元ニューヨーク市統計ディレクター

総括

坂井修一 東京大学大学院情報理工学系研究科教授(審査委員)
城山英明 東京大学公共政策大学院・大学院法学政治学研究科教授(審査委員長)

ようこそ
レッツ オープンガバナンス!!

みなさん こんにちは。

私が属する東京大学公共政策大学院「行政と情報通信研究」プログラムでは、市民参加型のオープンガバナンスを定着させるため、公開データを活用しつつ地域課題の解決策を考えるオープンガバナンスのチャレンジコンテストを2016年6月から実施することになりました。

第一段階は自治体の募集です!(6月~8月)
・地域の課題解決に市民/学生とともに取り組みたい!
・データを活用して課題の分析と解決に取り組んで欲しい!!
・そんな自治体に応募していただけたら幸いです!!

第二段階は市民/学生からの新発想を募集します!(9月~12月)
・自分の地域の課題解決に知恵を絞ってみよう!!
・関連データを分析して課題をもっと掘り下げたい!!
・自分たちでできる解決策も魅力だなあ!!

第二段階の最終は公開審査です!!(2017年3月)
公開審査に残ったチームにはその後改善のアドバイスをお返しします。

という流れで行います。